掲示板・ブログ・SNS上の削除要求等(名誉・プライバシー・著作権)のまとめ

    掲示板・ブログ・SNS上の削除要求等(名誉・プライバシー・著作権)の方法

    削除請求の理由となる権利には名誉権・肖像権・プライバシー及び著作権並びに商標権その他の知的財産権があります。個々のケースにおいて権利侵害があるかどうかは事案ごとの問題ですので、一般化は難しいですが、本稿では権利侵害があった場合の救済方法について解説しまています。

    (1)掲示板等プロバイダ等の管理者(会社)に対する任意の削除要求
    問合せフォームやメール等サイトごとに規定された削除ルールにしたがって 請求する。削除されない、又は削除だけではなく書込みをしたIPアドレス(およびタイムスタンプ)を知りたいという場合は(2)へ。

    (2)削除要求等の仮処分の裁判所への申立て
    掲示板等プロバイダ等の管理者(会社)の法的主体等をwhoisなどで確認し、削除が可能な相手方を特定し、削除及びIP開示の仮処分を裁判所に求める。仮処分結果をPDF化等してデータで管理者へ送信、削除及びIP開示を請求。管理者が従わない場合は(4)へ。従った場合で、削除はできたが、さらにIPアドレスから住所を調べたい場合は(3)へ。

    (3)経由プロバイダに対するIP開示請求の仮処分
    経由プロバイダ(投稿者・発信者の使用した端末と契約しているプロバイダ)もIPアドレスから法的主体をwhoisで確認します。これに対し、IPとタイムスタンプから氏名・住所の開示を求めます。この場合、開示が拒否されるケースは想定できませんので、開示されたとして、氏名住所が分かって損害賠償を請求したい場合はその交渉や訴訟を行います。他方、氏名住所が分かったが、マンガ喫茶等投稿者が施設利用のケースでは当該施設に対して再度IPとタイムスタンプから利用者特定のための開示請求を行います。その上で開示を受けて、損害賠償の交渉及び訴訟に移行します。なお、ネットカフェなどでは更にもう一度IPに基づく氏名住所開示の仮処分ステップが必要になります。

    (4)掲示板等管理者が削除の仮処分命令に従わない場合
    この場合は投稿者の特定は残念ながらできない結論になりますが、逆に管理者に対して損害賠償を請求します。勝訴後、賠償金を支払わない場合は、サイトを資産として考えることができれば競売にかけるという方法が最終手段になることが多いでしょう。

    ※管理者が海外の場合は海外篇を参照してください。
    関連記事
    カテゴリ:Ⅲ 著作権等知財及び名誉権     

    コメントの投稿

    非公開コメント