システム開発契約で留意すべき幾つかの視点

    システム開発の際に締結する契約関係では幾つかの法的な留意点があります。

    1 ライセンス
    まず開発だけでなく、ハードやソフトのライセンスが必要になる場合には、ライセンスの使用について契約当事者及び第三者のライセンス侵害にならないかを留意する必要があります。第三者のライセンスのリース契約を結ぶ場合にも、相手方当事者との取り決めが必要になるでしょう。
    ソフトのライセンスについては、特許がなくとも著作権で保護されることに注意がひつようです。

    2 労務
    また、システム開発プロジェクトの過程では、他の企業に協力を依頼することもあり、その外部技術者との関係で、労働者派遣法違反あるいは偽装請負などにも注意しなければなりません。

    3 プロジェクトの完成の定義と契約上の明記
    システムが完成したかどうかの判断は契約及び添付の仕様書ないし要件定義書によりますが、完成を基礎付ける不可欠な要素が何であるかを明記する必要があります。
    特に第三者のハードやソフトの利用に障害が発生した場合に仕事の完成といえるかは問題になることが多いでしょう。

    4 個人情報・機密情報
    開発時ないし運用時に顧客の保有する機密情報や個人情報に接することがあります。DNAや個人情報保護の覚書についても忘れずに契約書と併せて作成する必要があります。
    関連記事
    カテゴリ:Ⅰ システム開発紛争     

    コメントの投稿

    非公開コメント