プログラム著作権⑥ライセンス契約のポイント

    プログラム著作権⑥ライセンス契約のポイント

    1 著作権譲渡契約
    著作権財産権については、譲渡許諾条項を設け、著作権人格権については、不行使特約を設けることが基本になります。その他のポイントとしては、類似ソフトないしプログラムの作成制限(競合避止義務)などが考えられます。

    2 著作権使用許諾契約
    主に次のような点がポイントと考えられます。
    ソフトウェアを利用できる人数(ないしコンピュータの台数)
    ソフトウェアの利用可能期間
    逆コンパイル禁止
    サブライセンスの許否
    技術指導、更新サポート、ロイヤリティの有無
    その他の知的財産権処理(商標・特許)
    提供者の保証条項
    NDA(秘密保持契約)
    輸出規制に関すること

    3 契約の方法
    ・シュリンクラップ契約
    パッケージソフトで、封を破ったときに契約を成立したとするもの。その有効性については具体的態様により異なるが、現在の方法は概ね有効と考えられます(わが国での判例は見あたらない)。

    ・クリックラップ契約(クリックオン契約)
    プログラムのインストール時や起動時に契約条項および「同意する」等のボタンを表示し、そのボタンをユーザが選択操作した場合のみ、プログラムがインストールされたり起動したりするようにしたもの。この点も判例は見当たりませんが、契約としては有効と考えられます。

    関連記事
    カテゴリ:Ⅲ 著作権等知財及び名誉権     

    コメントの投稿

    非公開コメント